iButロゴ

インターネット ベーシック ユーザー テスト

標準大
  • iButとは
  • 試験内容
  • 受験案内
  • 試験結果・認定書
  • 優秀表彰
  • よくあるご質問

iBut概要

主催団体

一般社団法人 全国専門学校情報教育協会  

 

 

試験名称

インターネット ベーシック ユーザー テスト (iBut)  

 

 

受験資格

学歴、年齢、性別、国籍等、特に制限なく誰でも受けられます。  

 

 

受験対象者

  • ネットワーク社会で働く全ての者
  • 高校卒業程度の知識を有する者

 

 

試験内容

インターネット利用にまつわるトラブルを回避し、インターネット社会で生きるための適切な判断力と行動力を身につけます。
学習用のiButテキストは「公式テキストのご紹介」からダウンロード可能です。

 

 

試験範囲

  1. インターネットの基礎
    (1-1インターネットとは何か、1-2インターネットの基本的な構造、1-3インターネットがもたらす便利なサービス、1-4インターネットの影響力)
  2. インターネットのしくみ
    (2-1インターネットのしくみ、2-2ホームページのしくみと利用の仕方、2-3電子メールのしくみ、2-4ブログのしくみ、2-5電子掲示板のしくみ、2-6 SNSのしくみ、2-7ネットショッピングとは、2-8ネットオークションとは、2-9スマートフォンの基礎知識、2-10無線LANとWi-Fiの基礎知識、2-11クラウドサービスとは)
  3. コンピュータウイルス
    (3-1マルウェアとは、3-2コンピュータウイルスの感染経路、3-3コンピュータウイルス感染を防ぐには)
  4. セキュリティー
    (4-1 IDとパスワードについて、4-2ファイアウォールのしくみ、4-3暗号化のしくみ、4-4電子署名のしくみ、4-5 SSLとは、4-6ソーシャルクラッキング、スキミング)
  5. インターネットでの被害
    (5-1インターネットは、具体的にどんな被害をもたらすのか、5-2フィッシング詐欺、5-3ワンクリック詐欺、5-4詐欺、犯罪に巻き込まれないために、5-5インターネットに関連した新たな詐欺の被害例、5-6迷惑メール、チェーンメール、5-7健康面への影響)
  6. インターネット関連の法規
    (6-1著作権の重要性、保護する必要性、6-2著作権、6-3違法ダウンロード、6-4名誉毀損、6-5わいせつ物頒布、6-6特定商取引法、6-7電子契約法、6-8不正アクセス禁止法、6-9個人情報保護法、6-10青少年インターネット環境整備法、6-11特定電子メール法、6-12出会い系サイト規制法)
  7. インターネット利用者のモラル
    (7-1情報発信者のモラル、心構え、7-2ホームページを閲覧するうえで注意すること、7-3個人情報の公開について、7-4不正な嫌がらせや迷惑行為に遭わないために、7-5プライバシーの保護について、7-6インターネットアクセスするうえでの心構え、7-7電子メールのマナー)
公式テキスト改訂版のご紹介 公式テキストのご紹介 教員・団体担当者の方へ 受験の流れ
試験結果・認定書 認定書
委員会について 優秀合格者・優秀学科のご紹介
ページトップへ